HOME | かしこい住宅資金計画

家計を支える人の年齢別に「持ち家率」を見てみると、30歳代で持ち家率が急上昇しています。これは、結婚や出産をきっかけに、 子どもの通園・通学など将来を見越して、早めにマイホームを購入する人が多いからです。 しかし、家は一生に一度の大きな買い物。どの段階で建てるにせよ、住宅資金の準備は社会人になったらすぐに始めたいものです。 また、教育資金が家計を圧迫しない、子どもが小さいうちに少しでも資金を増やしておくことも大切です。 資金計画は早いうちに始めること、これがマイホーム取得のカギです。 


頭金はできるだけ用意しておくと安心だといわれています。確かに、頭金が少ないと借りる金額も多くなり、 月々の返済額は大きくなります。反対に、頭金が多ければ借りる金額も少なくて済み、月々の負担も軽減します。 ただし、頭金を貯めるには時間がかかります。頭金が貯まっていなければ、欲しい物件があっても手に入らないこともあります。 また、低金利の今の時代、頭金に回すお金を運用して増やし、繰り上げ返済するという方法もあります。 最近は、頭金をほとんど準備していなくても、住宅ローンを組むことが可能です。頭金を入れるのか、 それとも頭金はなくても今欲しい物件を手に入れるのか、あなたのケースで考えてください。